2020.03.09

花粉症と卵の質

逗子・葉山・横須賀地区で唯一粟木原妊活鍼灸をしているめばえ堂です。

コロナウイルスの拡大が懸念されていますが、この時季花粉症の方が大変だよ!!という方も多いと思います。

花粉症とは一種の炎症反応です。
体に炎症反応が起こっている時は、良い卵が育ちにくいことがあります。
花粉症は炎症と言いましたが、
体の中で炎症が起こるとどのような反応があるのでしょうか?


炎症反応があると、脳がそれを感知します。
炎症は抑えなくてはいけません。
すると、副腎からコルチゾールが出てきて炎症を抑えます。

コルチゾールは炎症を抑えるだけでなく、女性ホルモンを作る材料となります。
ということは、炎症反応が多くあると女性ホルモンの生成を少なくします。
女性ホルモンが少なくなると卵胞の質も低下します(T ^ T)
妊活をしている場合、大問題です!
冒頭にも言いましたが、花粉症は炎症反応です。
花粉症が原因で卵の質が低下している可能性があります。

花粉症による炎症反応を抑えて、卵の質を上げていきましょう!


めばえ堂では妊活鍼灸の初回無料体験&無料メール相談を随時受け付けています。
まずは、ご相談ください(^ ^)