2020.07.03

マスク着用による妊活への影響

逗子・葉山・横須賀地区で粟木原式妊活鍼灸をしているめばえ堂です。

with コロナの社会となりつつ今、

マスク着用は日本でも当たり前になってきています。

実はこのマスクが妊活へよくない影響を与えている可能性があるのです!!
厚生労働省はマスク着用による熱中症への警鐘を鳴らしています。
(参照:「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

マスク着用により、呼吸がしにくくなります。

この時には呼吸が浅くなっています。

呼吸は深く大きくしっかり吐くことで、子宮卵巣への血流量をあげる効果が期待できます。

めばえ堂でも呼吸指導は必ずやります。

何気なくしている呼吸ですが、妊活にはとても重要なポイントになります。


また、マスク着用により、顔・頭の部分に熱がこもりやすくなります。

ここに熱がこもるとホルモンの分泌がうまくいかなくなります。

眠りが浅くなったり、体温調節がうまくできなかったり、循環を悪くしたりもします。

肩や腕の軽い運動や小まめな水分摂取は熱をこもりにくくもしてくれますので、

ぜひ取り入れてみてください。

マスクを上手く着用して、コロナに感染せず妊娠することを目指しましょう。
めばえ堂では妊活鍼灸の初回無料体験を受け付けています。

カウンセリングも行いますので、ご夫婦でのご来院も歓迎です^ ^

無料体験のお申し込みはメール・電話・LINEでお願いいたします。

(男性の妊活初回無料体験はありません。ご了承ください。)