2020.05.23

体の冷えと食物

逗子・葉山・横須賀地地区で唯一粟木原式妊活鍼灸をしているめばえ堂です。

自宅でもできる、仕事をしながらでもできる、何をしていてもできる

そんな妊活をご紹介します。
私たちの生活に欠かせないのが食事です。

実は食べ物には体を温める作用のものと、体を冷やす作用のものがあります。

これから夏に向け、体を冷やす作用の食べ物について知っておきましょう。


*体を冷やす食べ物*
 南方産(赤道付近)の食べ物
  バナナ・パイナップル・コーヒー・カレー
 寒色の食べ物
  牛乳・白砂糖・化学調味料・緑茶・豆乳・白身魚
 柔らかい食べ物
  パン・マヨネーズ・クリーム
 夏に旬を迎える食べ物
  きゅうり・トマト・スイカ
 その他
  ビール・白ワイン
  
  
*体を温める食べ物*
 北方産の食べ物
  そば・塩鮭・りんご・さくらんぼ・ぶどう
 暖色の食べ物
  赤身の肉・赤身魚・紅茶・あずき・黒豆・
 硬い食べ物
  チーズ・氷砂糖・ドライフルーツ・せんべい
 冬に旬を迎える食べ物
  大根・白菜・人参・キャベツ
 その他
  日本酒・赤ワイン
東洋医学の考え方と照らし合わせてみても、

メディアやネット上で一般的に言われている分類とほぼ同じですね。


どこにいても何をしていても私たちは食事をしなければなりません。

それならば、食事も妊活の妊活の一つとして意識してください。

一日3食の場合、妊娠体質に変わるチャンスは1ヶ月で90回もあります!

月に一度の排卵日を待つだけより、よっぽど有意義と思いませんか?

これから夏に向け、

冷やし過ぎない身体を作って行くことを意識しましょう。


めばえ堂ではあなたの体組成から仮定できる食生活などのアドバイスさせていただいています。



めばえ堂では妊活鍼灸の初回無料体験を受付中です。

メール・ラインからのご相談・ご予約も受け付けています。